Translate

奈良県,大野寺の桜

【現状) 大野寺境内に同じ種類の枝垂桜が2本ある。この枝垂桜の特長は枝垂た枝先に葡萄の房を幾っも付けたような花を付けることである。桜の種類はコイトシダレザクラが2本、ベニシダレザクラが10本で、コイトシダレザクラは樹齢250年を誇る。

所在奈良県宇陀市室生大野1680 大野寺境内

周囲 1.5 m
樹高 10m
樹齢 250年
   平年開花日4月上旬
大野寺のコイトシダレザクラで,これほどの樹齢のコイトシダレザクラはこの大野寺の桜以外に存在しないです。日が西の空に傾いた頃、東の空の残光で枝垂桜の花びらがほのかに浮き上がって来た時刻にシャッターを切りました。

大野寺の境内には10本のベニシダレ桜が,春に咲く花々とともに咲き誇ります。近鉄大阪線室生口大野駅から徒歩5分、白鳳9年(681)に役小角が開山したと言い伝えられ、国内最大の高さ誇る13.8mの弥勒磨崖仏が有名です。



Share on Google Plus

About yoshiaki sasaki

    Blogger Comment
    Facebook Comment

0 コメント:

コメントを投稿