Translate

山梨県、膝立ての天王桜

【現状】江戸彼岸桜の巨樹として県下有数のものであるため県指定天然記念物とされたものである。花はー花序に三ないし四花を付け、花色は淡紅色、花径18ミリ、花柄、萼ともに毛をもち、花柱に著しい密毛をもつ。枝張り東西23.3 m、南北19.7m、開花期は4月20日頃である。

県指定天然記念物 昭和40年8月19日指定
所在山梨県牧丘町牧平2078津島神社所有
周囲 7.2 m
樹高 15m
樹齢 約400年
平年開花日4月下句
この桜は塩山市から車で約30分の山間にあります。写真右手に津島神社へ通じる階段があり,この道路が舗装されるまではこの桜は神社の境内の中にあったものと思われます。左下には渓流が流れ、標高が高い為に桜の開花が遅れがちになります。私は何度か足を運びましたが、ついに満開の花には巡り会えませんでした。私はこのようにこれから満開になる桜の生命力と言うのでしょうか、3分咲きくらいの桜が好きです。28年前の写真ですが,現在のこの姿は変わっていません
Share on Google Plus

About yoshiaki sasaki

    Blogger Comment
    Facebook Comment

0 コメント:

コメントを投稿