Translate

山梨県、本郷の千年桜

【現状】本樹は江戸彼岸桜の巨樹で、白い花が咲くので、一名白彼岸桜とも呼ばれている。植物形態学上興味深いのは、地上約5 mの位置で主幹の空洞中に根をおろしている点である。枝張り東西15.5m、南北14.4m、富士川を見下ろす山の中腹にあり、やや海抜の高い所にあるため他の桜よりもー週間程開花が遅れる。

県指定天然記念物
所在山梨県南部町本郷3230 本郷寺所有
周囲根回 3.5m
樹高 12m
樹齢 500年
平年開花日4月中旬
富士川を見下ろす山々がトワイライトに染まる夕暮れ時を撮影の時間帯に選びました。国道52号線南部町から山の中腹に車で10分くらいのところにこの桜はあります。近くには身延山久遠寺がありそのシダレザクラが葉桜になる頃この桜は開花します。駿河湾へと流れ込む富士川は悠久の時を刻みながら流れていました。
Share on Google Plus

About yoshiaki sasaki

    Blogger Comment
    Facebook Comment

0 コメント:

コメントを投稿