Translate

新潟県、極楽寺の野中桜

【現状】親木は枯死して、現在のものは2代目である。紅山桜の変種で,花弁が大きいのが特長である。太い幹は3本、細い幹は10本出ている。花弁は丸くて濃紅色,花の径は平均4センチ最大で6センチに達し、花序ごとに2〜3の花を持つ。野生紅山桜の天然変形として植物学上貴重である。

天然記念物 昭和2年文部省指定
所在 新潟県東蒲原郡上川村大字両郷字野中 極楽寺境内
周囲 0.5 m
樹高 6 m
樹齢 80年
平年開花日 4月中旬〜下旬
オオヤマザクラは東北地方から北海道にかけて自生している桜で、北海道室蘭市にあるオオヤマザクラも,他の同類の桜と比べると花弁が大きい。極楽寺の野中桜は特に花弁が大きく,国指定の天然記念物に指定されています。



Share on Google Plus

About yoshiaki sasaki

    Blogger Comment
    Facebook Comment

0 コメント:

コメントを投稿