Translate

福島県、馬場桜

【現状】玉ノ井神社の南方虚空蔵堂に接近して立ち、幹の上部は主幹の他に数本の太い枝に分かれ花は白色で、4月23日前後満開になる江戸彼岸桜の老巨木として県下でも有数なものある。

【来歴】この地付近は、源義家が奥州征伐の時に軍馬を練習した場所と伝えられ、字名を馬場と称するのでこの名がある。又、駒止めの桜、義家桜とも呼ばれている。

天然記念物 昭和11年12月16日指定
県指定緑の文化財 昭和58年2月17日指定
所在 福島県安達郡大玉村玉井字石橋 玉ノ井神社境内
周囲目通り 7.5m
根本 11m
樹高 21m
樹齢 1000年
平年開花日 4月中旬~下旬
馬場桜エドヒガン桜の巨木で、,源八幡太郎義家が桜のムチを地に差し,根付いたものと伝えられ、昔稲作の目安にされた為、種蒔桜とも言われています。東北道安達太朗インターから10分ほどの大玉村の町の中心に位置します。

Share on Google Plus

About yoshiaki sasaki

    Blogger Comment
    Facebook Comment

0 コメント:

コメントを投稿