Translate

福島県、馬ノ墓の種蒔桜

【現状】馬の墓部落の農地の中にあり紅彼岸桜の巨木でこの桜が咲けば農作業を始める目安とされていたので種蒔桜と呼んでいる。枝張りは約18 mである。枝の上部及び北側の枝が枯れている。

所在福島県大沼郡会津高田町大字旭杉原
周囲胸高幹周囲 5.5 m
樹高 15m
樹齢推定 200年
平年開花日 4月中旬~下旬
馬ノ墓の種蒔桜はエドヒガン桜の老木ですが,樹齢200年はエドヒガンではまだ若い桜になります。周囲を畑で囲まれているので,景観はよく会津盆地を囲む山々を背景に美しい姿を見せてくれ、あまり有名な桜ではありませんが、お花見には一押しの桜です。天候によっては4月の下旬に満開がずれ込む事もあるので,その点注意してください。桜の根元には馬頭観音が安置されて、この桜の名前の由来になっています。農業の近代化になる前は馬は農地を耕し,馬糞は畑や田んぼの重要な肥料となりました。現在でも美味しい米の生産にかかせないのはこの馬糞の肥料です。農耕に無くてはならない馬を大切にして来た歴史をのこ桜は物語っています。

Share on Google Plus

About yoshiaki sasaki

    Blogger Comment
    Facebook Comment

0 コメント:

コメントを投稿